ニュース

Asia Leaders Seriesへ代表取締役会長 千本が登壇しました


左:本田悦朗 在スイス日本国大使
右:当社代表取締役会長 千本倖生

現地時間3月22日(木)にスイス チューリッヒで開催された、Asia Leaders Seriesに当社代表取締役会長の千本が登壇いたしました。同シリーズで日本人が登壇するのは初めてで、今回はドイツ・アメリカ・日本などスイス国内外から多数の起業家・投資家が参加されています。

主催者Callam Fletcher氏による開会挨拶の後、本田悦朗 在スイス日本国大使のご紹介で登壇した千本は、自身の生い立ちから、シリアルアントレプレナーの一人になるに至った今日までの道のりと、日本における再生可能エネルギー産業発展の重要性について講演を行いました。

通信事業や再エネ事業に関する千本の起業経験や、レノバが取り組んでいる秋田県由利本荘市沖の洋上風力発電事業について力強く語ったところ、『日本で新興企業や新規産業に立ちふさがる障壁はなにか』『東日本大震災以降、日本ではどのようにエネルギー問題が認識されているか』『今後、日本で躍進する産業は何か』など、日本の起業環境やエネルギー産業の未来展望について、予定時間内に収まらないほど白熱した質疑が繰り広げられました。


千本の講演を熱心に傾聴される各国起業家・投資家の皆様

質疑の最後に千本は、『再生可能エネルギーを日本のベースロード電源にする』と宣言し、各国から集まった聴衆皆様から拍手とご声援をいただいて1時間半の講演を締めくくりました。
当社は今後も、事業の推進やこのような講演活動を通じて、再生可能エネルギー産業の発展に貢献してまいります。


Asia Leaders Series HP

当社SDGsへの取り組みについて