再生可能エネルギー法に関するセミナーを開催します


セミナー概要


 8月26日に「再生可能エネルギー特措法」が成立しました。来年7月に法施行されます。同法の最大の目玉は再生可能エネルギーを一定期間・価格で電力会社に買い取ることを義務付ける「全量買取制度」の導入です。
 本制度の導入により、ビジネス環境が大きく変化し、ビジネスチャンスをつかもうと着々と準備を進めている先進企業も垣間見られます。
 そこで、本セミナーでは、再生可能エネルギー法制度の内容や課題を解説するとともに、全量買取制度にともなって環境・エネルギービジネスがどのように動くのか、どのようなビジネスチャンスがあるのかを先進的な海外事例を交えながらご紹介します。
 さらに、全量買取制度の導入に向けて、事業拡大、成長を狙っている企業様をゲスト講師として招き、今後の市場見通しやビジネスプランについて、リアリティあるご講演をいただきます。
 また同法施行による再生可能エネルギー市場の拡大を見据え、弊社が提供・支援する蓄電池や太陽光発電事業化などの新サービスについても、ご紹介いたします。


プログラム


●再生可能エネルギー法の内容解説 (約30分)
 株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部マネージャー 藤平慶太
この度成立した「再生可能エネルギー特措法」の内容について、現時点での最新情報を取りまとめ、いち早く解説いたします。また、国内の再生可能エネルギーの普及拡大に向けての同法の背景と意義、制度全体において留意すべき点についても解説します。

●再生可能エネルギー法でエネルギービジネス環境はどうかわるか (約30分)
 株式会社リサイクルワン環境コンサルティング事業部副事業部長 加藤健太郎
「全量買取制度」によって、再生可能エネルギーの普及拡大が期待されています。具体的に、太陽光、風力、水力といったエネルギー種別に、どのようなビジネスチャンスがあるのか、そのためにクリアすべき課題は何か、について国内の動向や先行している海外事例を交えながら考えます。

●再生可能エネルギー法施行後のマイクロ水力事業の市場性と、シーベル社の事業戦略(約30分)
 シーベルインターナショナル株式会社 チーフディレクター 前田 俊一 氏
シーベルインターナショナル社は、固有のマイクロ水力技術を擁して、国内外に水力事業展開を進め、メディア掲載も多数ある注目のベンチャー企業です。また水力発電事業は、その発電コストの低さ、安定性などから、全量買取制度の導入によって拡大が期待される市場です。その中での同社の技術の強み、水力事業の魅力、事業展開、成長戦略についてご講演いただきます。

●リサイクルワンのエネルギー事業ビジネスの紹介 (約30分)
 株式会社リサイクルワン温暖化対策事業部マネージャー 長井聖司
リサイクルワンでは、蓄電池や太陽光パネルなどの導入や、それらを活用した事業の提案を併せて行っております。当社がご提案・ご提供できるソリューションについてご紹介させて頂きます。

※プログラム・講師は変更の可能性があります。
※参加お申込みは締め切らせていただきました。





セミナー基本情報

■主催:
株式会社リサイクルワン

■日時:
平成23年10月5日(水)
<第1回>
10:00~12:00
<第2回>
13:00~15:00
※第1回と第2回の講演内容は同じです。
※各回15分前に受付開始

■参加費用:
無料

■定員:
各回ともに30名

■場所:
WTCコンファレンスセンター Room B-1
〒105-6104 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル3F
 JR(山手線/京浜東北線)・東京モノレール浜松町駅と直結
 都営地下鉄(浅草線/大江戸線)大門駅と直結(B3出口)
 >>アクセスマップ
■参加方法:
・各セミナープログラムページにございます入力フォームにて、お申し込み下さい。
・ご入力頂いたメールアドレスに申込確認メールが届きますので、ご確認下さい。
・5分経っても申込確認メールが届かない場合は、メールアドレス入力に不備のある可能性がありますので、再度お申込下さい。
※参加お申込みは締め切らせていただきました。

■お問合せ:
 株式会社リサイクルワン
 電話番号:03-5774-0600 担当:安藤、池田

■キーワード:
再生可能エネルギー法、再生可能エネルギー、新エネルギー、スマートシティ、スマートグリッド、スマートコミュニティ、太陽光、風力、小水力、バイオマス、蓄電池、フィードインタリフ、固定価格買取制度、全量買取制度、カーボンオフセット、環境ビジネス、新規事業、市場調査、地球温暖化、二酸化炭素、CO2、排出権、排出権取引、京都クレジット、キャップアンドトレード、京都議定書、二国間クレジット、新メカニズムクレジット、ポスト京都

主催者情報

■社名:
 株式会社リサイクルワン

■所在地:
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13
 TEL 03-5774-0600

■許認可:
 環境省指定調査機関 環2003-2-439
 特定建設業許可 特-19 第124442号
 東京都公安委員会認可 古物商第303310606561号

■資本金:
 9億962万円
■特色:
環境特化型コンサルティング会社として、CO2、廃棄物、再生可能エネルギー、土壌汚染対策など、多岐に渡る環境対策の実行を支援するコンサルティング・調査業務を年間200件以上実施。経産省、環境省の最新法令等のシンクタンク業務にも従事。 環境・エネルギー分野については、これまで官公庁からのEV・PHVタウン、バイオマスタウンの策定や次世代自動車、再生可能エネルギー推進のための調査検討、実証事業運営業務を受託。民間企業に置いては、メーカー、商社等にて、エネルギー、スマートシティ事業の新規事業開発支援、営業支援、市場調査等、多岐に渡る提案、支援を行う。CO2分野に関しては、これまでカーボンマネジメント、LCA・フットプリント、省エネ、オフセット等の支援に従事。世界のカーボンオフセットのパイオニアである英国カーボンニュートラル社と提携し、日本国内において、カーボンオフセットの豊富な導入実績を誇る。