外食・小売産業における最先端の環境対策



セミナー開催趣旨

 本セミナーでは、食品リサイクル法や改正省エネ法、そして夏場の電力不足への対応が急務である外食・小売チェーン様を対象とし、コスト削減と環境対応の両立に取り組んでいる先端チェーン事業者の担当者の声も交えながら、今後の資源循環と省エネ対策の最新動向について共有し、今後の取り組みのきっかけにしてもらいたいと考えています。

■ご参加の対象となる方
○チェーン展開されている外食産業、小売産業などに携わられている方が対象となります。
 「外食産業・小売産業として実効性のある環境対策を行いたい」
 「消費者にPRできる環境対策を行いたい」
 「先端の外食事業者の環境対策事例を知りたい」
 「チェーン全体の廃棄物管理・エネルギー管理業務をより効率的に行いたい」

・食品リサイクルについて関心がある方
 「食品リサイクルの現状や、平成24年度以降も含めた今後の動向について知りたい」
 「コストを抑制しながら、食品リサイクル法を達成したい」
 「分散している店舗の廃棄物を、効率的に回収する仕組みを知りたい」
 「食品リサイクル法を達成するための、有望なリサイクルパートナーを探したい」

・夏場の電力不足対策に関心がある方
 「夏場の電力不足状況と予想される規制について知りたい」
 「夏場の電力不足に対する有効な対応策を知りたい」

プログラム詳細

【外食・小売産業における最先端の環境対策】      7/28(木)13:30~15:20
 --------------------------------------------------------------------------------------------------
●外食産業に求められる食品リサイクル法と絡めた廃棄物管理
  株式会社リサイクルワン 環境コンサルティング事業部 副事業部長 東誠悟
 食品リサイクル法の見直しにより、リサイクル目標に達していない場合は企業名が公表されるなど、厳しい指導が出されています。しかし外食・小売産業では工場と違い、全体では多量発生排出ですが一軒一軒は少量排出のため、効率的な回収が難しく、なかなかリサイクルが進められていません。また地域ごと、店舗ごとに廃棄物の品目名称や計量方法が異なるなど、全体を把握するだけでもかなりの手間とコストを要します。
 本セミナーでは、食品リサイクル法の概要、リサイクル率目標達成年度である平成24年度以降の動向、事業系一般廃棄物の処理単価の値上がり動向について紹介し、コストアップを極力抑えた中での、リサイクル率達成に向けた様々なアプローチ方法をご紹介いたします。また、廃棄物管理体制を見直し、管理負荷とコスト低減についてもご提案いたします。


●廃棄物管理体制の見直しによる大幅なコスト削減の達成 ~排出量のカウント方法を徹底検証~
  シダックス株式会社 管理・情報システム本部品質管理部 ISO推進担当 佐藤祐平氏
 多店舗展開のため廃棄物データの量は膨大で、そして様々な業態から多様な廃棄物が排出されるため、日々の請求管理や食品リサイクル率の算定業務で一苦労であり、それらを見直すことはできていませんでした。
 ある時、売上の変動があるのに廃棄物の処理費はそれほど変動がないことに気付きました。これをきっかけに一部店舗で排出量データを見直したり、店長やスタッフへヒアリングしたところ、計量・管理手法に問題があることから、排出実態とデータにズレがあることがわかりました。
 そこで、実際に店舗において排出量を実測したり、廃棄物管理会社とも管理手法について議論を行い、全国での統一管理方法を検討したところ、コストの40%削減に成功しました。


●外食産業・小売業が取れる、この夏の電力不足対策 ~蓄電池の導入と活用方法~
  株式会社リサイクルワン温暖化対策事業部マネージャー 長井聖司
 東日本大震災の影響により、この夏は関東地方だけでなく全国的に電力不足が懸念されています。省エネ設備やサマータイムの導入など、個別事業者単位での対策は積極的に進められていますが、抜本的な解決が難しい分野でもあり、結果として12:00~15:00の電力消費のピーク時において、多くの事業者に対し15%のピークカットが義務付けられる予定です。
 ピークカットによって本来の店舗環境の維持は一層困難となり、また停電のリスクもゼロではないことから、経営やBCPの観点からも、新たな電力不足への対応策が求められています。
 これらの状況を踏まえ、外食・小売チェーン事業者が今すぐ出来る最新の省エネ対策・電力不足対策をご紹介します。


※プログラム・講師は変更の可能性があります


本セミナーへのお申込みは、締め切らせて頂きました。たくさんのお申込みをありがとうございます。

セミナー基本情報

■主催:
株式会社リサイクルワン

■日時:
平成23年7月28日(木) 13:30~15:20
※15分前に受付開始

■参加費用:
無料

■定員:
30名

■場所:
WTCコンファレンスセンター Room B-1
〒105-6104 東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル3F
 JR(山手線/京浜東北線)・東京モノレール浜松町駅と直結
 都営地下鉄(浅草線/大江戸線)大門駅と直結(B3出口)
 >>アクセスマップ
■参加方法:
・このWEBページからリンクしている入力フォームにて、お申し込み下さい。
・ご入力頂いたメールアドレスに申込確認メールが届きますので、ご確認下さい。
・5分経っても申込確認メールが届かない場合は、メールアドレス入力に不備のある可能性がありますので、再度お申込下さい。
※申込み締切日:7月25日(月) 15:00
※定員超過の場合は抽選となります。
※当落に関わらず7月22日(金)を目安にメールにてご連絡差し上げます。

■お問合せ:
 株式会社リサイクルワン
 電話番号:03-5774-0600 担当:若林、池田

主催者情報

■社名:
 株式会社リサイクルワン

■所在地:
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13
 TEL 03-5774-0600

■許認可:
 環境省指定調査機関 環2003-2-439
 特定建設業許可 特-19 第124442号
 東京都公安委員会認可 古物商第303310606561号

■資本金:
 9億962万円
■特色:
環境特化型コンサルティング会社として、CO2、廃棄物、バイオマスエネルギー、土壌汚染対策など、多岐に渡る環境対策の実行を支援するコンサルティング・調査業務を年間200件以上実施。経産省、環境省の最新法令等のシンクタンク業務にも従事。

■キーワード:
廃棄物、リサイクル、蓄電池、食品リサイクル、リサイクルループ、広域認定制度、外食チェーン、小売チェーン、フィードインタリフ、地球温暖化、節電対策、電力不足対策

本セミナーへのお申込みは、締め切らせて頂きました。たくさんのお申込みをありがとうございます。