地球温暖化対策に関連した無料セミナーを開催します


リサイクルワンは無料セミナーを開催します

仮設脱水プラント 仮設脱水プラント

◆ 無料セミナー「加速する地球温暖化政策と低炭素ビジネス」開催趣旨

─

■本セミナーの趣旨

 昨今、国内排出量取引や新エネ全量買取制度など、地球温暖化対策に係わる制度の検討が本格化してまいりました。また、スマートグリッドや電気自動車といった次世代の低炭素ビジネスのシーズが次々に萌芽するなど、市場がダイナミックに変化しようとしています。

  本セミナーでは、政策の最新動向を踏まえ、このような市場環境における新規事業戦略の構築や、新たなマーケティングへの活用方法についてご紹介いたします。
■ご参加の対象となる方

 以下のようなご要望、課題をお持ちではありませんか。

「温暖化対策に取組みたいが、何から手をつけていいか分からない」
「最新の温暖化政策の動向が知りたい」
「環境を切り口とした企業ブランディングを行いたい」
「自社のサービスや商品を、環境を切り口にPRしたい」
「排出権創出に興味があるが、どうすれば排出権にできるのか
分からない」
「取引先からCO2排出量の開示を求められている」
「CO2の見える化をどのように進めたら良いか分からない」
「環境に対する同業他社の取り組みが積極的だが、負けられない。一歩先に出るためには、どうすればよいか」
「新規事業として環境ビジネスに参入したい」

                             等

◆ プログラム

─

 「加速する地球温暖化政策の動向と企業経営への活かし方」
株式会社リサイクルワン 温暖化対策事業部 マネージャー 田之畑聡
国内排出量取引や環境税、新エネ全量買取など、企業を取り巻く地球温暖化対策に係わる政策は今まさに動こうとしています。これらの動向は今後の企業経営に大きく影響することから、本セミナーでは最近の政策動向を俯瞰しつつ、単なる法規制対応だけでなくコスト削減やマーケティングへの活かし方も、事例を交えて考えます。
「地球温暖化への対応とビジネスへの活用方法」
日本興亜損害保険株式会社 CSR部長 伊東正仁氏
東京都環境確保条例をはじめ、CO2削減の規制強化への動きが進む中、各企業の取り組みが、より一層求められてきています。大手保険会社の日本興亜損保では、カーボンニュートラル企業を目指し、様々な取り組みを行っています。今回は、既に実施しているカーボンマネジメントの取り組み、さらに、新たに展開された企業のCO2削減支援サービス等についてご講演頂きます。
「電気自動車関連ビジネスの最前線」
兼松株式会社 事業推進部 チーフビジネスコーディネーター 五ノ坪良輔氏
電気自動車(EV)の普及が本格化しようとしているなか、その関連ビジネス市場も拡大が確実視されています。そんな中、EVの販売から、通信ネットワークにわたり、広くパートナー企業との連携を築きながら、EVビジネスの立ち上げを推進しているのが、総合商社、兼松です。今回、EVビジネスの現場の最前線で活躍中の五ノ坪様をお呼びし、市場動向や事業展開の内容、ヒントについて、ご講演いただきます。
「低炭素社会で勝ち抜く環境ビジネス ~政策動向と事業化の見方、考え方~」
株式会社リサイクルワン 環境コンサルティング事業部 マネージャー 藤平慶太
スマートグリッド、電気自動車、排出権、新エネルギー全量買取制度など、次世代の環境事業シーズが次々に萌芽してきている中で、環境事業への進出や新規事業戦略の構築を検討されている企業が急増しています。そこで本セミナーでは、先行事例をご紹介しながら、環境ビジネス戦略の視点、考え方のヒントをお伝えしたいと思います。
※プログラム・講師は変更の可能性があります。

◆ セミナー基本情報

─

■主催:
 株式会社リサイクルワン

■日時:
平成22年 10月20日(水)
第1回:10:00~12:00
第2回:13:00~15:00
第3回:15:30~17:30
※各回15分前に受付開始

■場所:
WTCコンファレンスセンター Room B1
東京都港区浜松町二丁目4番1号
・JR(山手線/京浜東北線)・東京モノレール浜松町駅と直結(徒歩1分)
・都営地下鉄(浅草線/大江戸線)大門駅と直結(B3出口)
≫アクセスマップ
■参加費用
 無料

■定員:
 各回ともに30名

■参加方法:
・このWEBページからリンクしている入力フォームにて、お申し込み下さい。
・ご入力頂いたメールアドレスに申込確認メールが届きますので、ご確認下さい。
・5分経っても申込確認メールが届かない場合は、メールアドレス入力に不備のある可能性がありますので、再度申込をして下さい。
※申込み締切日:10月13日(水) 17:00
※定員超過の場合は抽選となります。
※当落に関わらず10月14日(木)を目安にメールにてご連絡差し上げます。

■お問合せ:
 株式会社リサイクルワン
 電話番号:03-5774-0600 担当:安藤

◆ 主催者情報

─

■社名:
 株式会社リサイクルワン

■所在地:
 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-10-13
 TEL 03-5774-0600

■許認可:
 環境省指定調査機関 環2003?2?439
 特定建設業許可 特-19 第124442号
 東京都公安委員会認可 古物商第303310606561号

■資本金:
 9億962万円
■特色:
環境特化型コンサルティング会社として、CO2、廃棄物、バイオマスエネルギー、土壌汚染対策など、多岐に渡る環境対策の実行を支援するコンサルティング・調査業務を年間200件以上実施。経産省、環境省の最新法令等のシンクタンク業務にも従事。
CO2分野に関しては、これまでカーボンマネジメント、LCA・フットプリント、省エネ、燃料転換、オフセット等の支援に従事。世界のカーボンオフセットのパイオニアである英国カーボンニュートラル社と提携し、日本国内において、カーボンオフセットの豊富な導入実績を誇る。

■温暖化対策関連の支援実績(抜粋):
Yahoo!JAPAN、フォルクスワーゲン・ファイナンシャルサービス・ジャパン、日本航空、日本郵便、日本コカ・コーラ、ファミリーマート、近畿日本ツーリスト、日本興亜損保、トッパン・フォームズ、住商フルーツ、味の素、住友スリーエム、楽天、ワタミ、大同生命保険、学研ホールディングス、ローソン、住商モンブラン、ソフトバンクBB、日比谷花壇、プラス、NECフィールディング、双日プラネット、中日新聞社(J1名古屋グランパスエイト)、熊本日日新聞社(J2ロアッソ熊本)、等多数
仮設脱水プラント 仮設脱水プラント

キーワード:カーボンマネジメント、LCA、CO2見える化、CO2算定、カーボンフットプリント、PCR、プロダクトカテゴリールール、カーボンオフセット、排出量取引、全量買取制度、京都クレジット、 CER、AAU、VER、国内クレジット、J-VER、JVETS、マイナス25%目標、キャップアンドトレード、京都議定書、地球温暖化対策基本法、東京都環境確保条例、EU-ETS、スマートグリッド、電気自動車、EV