プラスチックリサイクル

これまで国内で排出される廃プラスチックの処理については、様々な流通経路を経て、最終的には"安価な樹脂原料として海外企業に販売"されるケースが主流でした。
しかし、昨今の環境意識の高まりと共に、排出側(企業・自治体)のニーズは"国内再利用"と"トレーサビリティの明確化"へと変化してきています。
このような背景から、これからのプラスチックリサイクル事業者には、国内循環リサイクルスキームの構築力と共に、需要家の求める高水準の品質に応えられるような素材メーカーとしての能力・役割も期待されています。

事業の概要

レノバでは、最新鋭かつ国内最大級のプラスチックリサイクル工場を埼玉と静岡に有し、そこで一般家庭から排出される容器包装プラスチックごみをプラスチック原料にマテリアルリサイクルしています。
また、工場等から排出される産業廃棄物系のプラスチックについては、クローズドループリサイクル等、排出企業のニーズに合致したリサイクルの提案・実施を行なっています。
このようにして埼玉と静岡の2つの工場で生産したプラスチックリサイクル原料は国内の成形メーカーを中心に販売しています。
さらに、容器包装リサイクルペレット(以下容リペレット)を基材とし、お客様の要望物性に合わせたコンパウンド樹脂原料の開発・生産や、プラスチックリサイクルのノウハウを活かした新しいリサイクルの仕組みの提案・構築も行なっています。

>> 株式会社エコスファクトリー(埼玉)のWEBサイト
>> 株式会社グリーンループ(静岡)のWEBサイト
>> 株式会社日泉のWEBサイト

プラスチックリサイクルの概要

事業の特徴

埼玉と静岡の2つの工場は、それぞれ年間3.6万トンの大規模な処理能力を有しています。また、技術的には光学式の自動選別機をそれぞれ3台使用し、プラスチックをPE(ポリエチレン樹脂)とPP(ポリプロピレン樹脂)の高純度な単一樹脂に選別しています。さらにオペレーションの向上等ノウハウの蓄積もあり、レノバの容リペレットは、これまでの容リペレットでは原料として使用することが出来なかった高付加価値なプラスチック製品にまで利用出来るようになりました。
今後は単一樹脂の特徴を活かしつつ、他の樹脂とコンパウンドする事により、より高度な成形技術を有する製品への利用を促進していきます。

プラスチックリサイクルの特徴

商品の特徴

①容リペレット(PE)、②容リペレット(PP):
・単一樹脂に選別されていることよる物性の安定と容リプラのコスト優位性を併せ持っています。
③容リCNCペレット、④容リCNCペレットで成形したごみ袋:
・容リペレットを改質した樹脂原料で、インフレーション成形やブロー成形が可能です。
⑤容リコンパウンドペレット:
・顧客の要望物性に合わせて調合した樹脂原料です。着色も可能です。
⑥家電由来樹脂フレーク:
・廃家電の樹脂部分を粉砕・洗浄・単体選別した樹脂フレークです。
・PP/PS/ABSの3種類で、家電由来フレークとしては国内唯一、樹脂純度98%以上、難燃剤2%未満を達成しています。

①容リペレット(PE)
②容リペレット(PP)
③容リCNCペレット

④容リCNCペレットで成形したごみ袋
⑤容リコンパウンドペレット
⑥家電由来樹脂フレーク

レノバは今後も、"国内循環リサイクルスキームの構築力"に磨きをかけ、よりよい環境の創造に向けた努力を継続していきます。

お問合せ
プラスチックリサイクル事業部
TEL:03-3516-6260