メガソーラー

環境意識の高まりや化石燃料・原子力の課題から再生可能エネルギーへの関心が高まっています。太陽光発電は自然の力を用いた安全で継続可能な"再生可能エネルギー"です。近年、新たな発電事業としてメガソーラー(大規模太陽光発電)事業への参入が増えています。

事業の概要

レノバでは合計300MW以上の規模を目指して、メガソーラー(大規模太陽光発電)発電所の事業展開を行っています。
現在、以下の7サイトにおいて、合計140MWのメガソーラー発電所が運転または建設中です。
1案件につき、原則として20MW以上の大規模発電所の開発に特化し、地域社会と共生可能な発電事業の構築・運営を目指しております。

事業の実績

【水郷潮来ソーラー】

発電所名 水郷潮来ソーラー
所在地 茨城県潮来市前川1298-1 他
開発規模 14MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
1,470万kWh
(一般家庭4,000世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間5,500トン程度
工事着手 平成25年 4月
運転開始 平成26年 2月
開発敷地面積 約18万㎡
発電事業者 株式会社 水郷潮来ソーラー
((株)レノバ、ミツウロコグリーンエネルギー(株)及びリース会社の3社による出資法人)

【富津ソーラー】

発電所名 富津ソーラー
所在地 千葉県富津市加藤字下薊作746-1 他
開発規模 40MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
4,200万kWh
(一般家庭11,500世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間15,700トン程度
工事着手 平成25年 4月
運転開始 平成26年 7月
開発敷地面積 約44万㎡
発電事業者 株式会社 富津ソーラー
((株)レノバ、ミツウロコグリーンエネルギー(株)の2社による出資法人)

【菊川堀之内谷ソーラー】

発電所名 菊川堀之内谷ソーラー
所在地 静岡県菊川市河東字堀之内2873-2 他
開発規模 7.5MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
927万kWh
(一般家庭約2,700世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間4,750トン程度
工事着手 平成25年12月
運転開始 平成27年 2月
開発敷地面積 約8.9万㎡
発電事業者 株式会社 菊川堀之内谷ソーラー
((株)レノバ、イオンディライト(株)他、合計4社による出資法人)

【菊川石山ソーラー】

発電所名 菊川石山ソーラー
所在地 静岡県菊川市河東字今間5438-149 他
開発規模 9.4MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
1,157万kWh
(一般家庭約3,400世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間5,935トン程度
工事着手 平成25年12月
運転開始 平成27年 2月
開発敷地面積 約9.6万㎡
発電事業者 株式会社 菊川石山ソーラー
((株)レノバ、イオンディライト(株)他、合計3社による出資法人)

【九重ソーラー】

発電所名 九重ソーラー
所在地 大分県玖珠郡九重町大字野上字小林919番6 他
開発規模 25.4MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
2,400万kWh
(一般家庭約7,000世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間14,000トン程度
工事着手 平成26年 2月
運転開始 平成27年 5月
開発敷地面積 約29.5万㎡
発電事業者 九重ソーラー 匿名組合事業
(レノバから匿名組合出資を行う)

【那須塩原ソーラー】

発電所名 那須塩原ソーラー
所在地 栃木県那須塩原市横林字新街道136番地 他
開発規模 24.8MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
2,480万kWh
(一般家庭約7,200世帯の年間使用電力に相当)
CO2削減量 年間13,000トン程度
工事着手 平成26年 6月
運転開始 平成27年 9月
開発敷地面積 約29万㎡
発電事業者 那須塩原ソーラー 匿名組合事業
(レノバ、他1社から匿名組合出資
を行う)

【大津町ソーラー】

発電所名 大津町ソーラー
所在地 熊本県菊池郡大津町大字矢護川字四ノ尾2903-6番地 他
開発規模 19.0MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
1,900万kWh
CO2削減量 年間11,700トン程度
工事着手 平成27年 2月
運転開始 平成28年 4月
開発敷地面積 約24万㎡
発電事業者 大津ソーラー 匿名組合事業
(レノバ及び共同事業者から匿名組合出資を行う)

【軽米西ソーラー】

発電所名 軽米西ソーラー
所在地 岩手県九戸郡軽米町大字山内地内
開発規模 48.0MW(モジュールベース)
想定年間
発電量
5,000万kWh
CO2削減量 年間27,000トン程度
運転開始予定 平成31年 7月(予定)
開発敷地面積 約155万㎡
発電事業者 合同会社軽米西ソーラー
(レノバ及び共同事業者から匿名組合出資を行う)

事業の特徴

レノバは、環境ビジネスの調査・コンサルティングで培った知識・ノウハウを活かし、メガソーラー(大規模太陽光発電)の事業展開を行っています。メガソーラー(大規模太陽光発電)事業にご興味がある方、また用地の提供にご関心のある方は是非一度、お問い合わせください。

事業の特徴図

レノバの開発支援

メガソーラー事業を開始し、収益に結びつけて行くには、許認可手続きや電力会社との系統連系、設置場所の状況に応じた設備の設計・選定、資金調達など、多くの課題を解決していく必要があります。また、初期投資を抑え、安定的に事業を継続させるための事業体制、メンテナンス、保証内容等、事業計画段階で考慮すべきポイントを抑えておくことが重要です。
レノバは、これまで全国で様々なメガソーラー事業を開発し、立上を主導してまいりました。その中で培って来たメガソーラー事業の事業化に関する知見と、様々な環境事業構築の経験を踏まえ、メガソーラー事業の立ち上げを、計画策定から設計・建設までトータルにご支援しています。

≫ レノバとの共同事業はこちら

サービスの内容

資料請求
お問合せ
新エネルギー事業部
TEL:03-3516-6260